Top > WordPress > wp-mtaプラグイン

PEAR::Mail::mimeDecode.phpが必要

# pear install Mail_Mime

するとPEARのバージョンが1.5.0なのでインストール出来ないので1.6.0を入れてくれ。。。
みたいなエラーが出る。

しばらく放置気味だったからなぁ。。。

WARNING: channel "pear.php.net" has updated its protocols, use "channel-update pear.php.net" to update
pear/Mail_Mimerequires PEAR Installer (version >= 1.6.0), installed version is 1.5.0
pear/Mail_mimeDecode requires PEAR Installer (version >= 1.6.0), installed version is 1.5.0
pear/Mail_mimeDecode requires package "pear/Mail_Mime" (version >= 1.4.0, excluded versions: 1.4.0)
No valid packages found
install failed 

PEARのインストーラーを1.6.0に

#pear channel-update pear.php.net
Retrieving channel.xml from remote server
Update of Channel "pear.php.net" succeeded

アップグレードする

# pear upgrade PEAR
Did not download optional dependencies: pear/XML_RPC, use --alldeps to download automatically
pear/PEAR can optionally use package "pear/XML_RPC" (version >= 1.4.0)
downloading PEAR-1.7.2.tgz ...
Starting to download PEAR-1.7.2.tgz (302,744 bytes)
..................done: 302,744 bytes
downloading Archive_Tar-1.3.2.tgz ...
Starting to download Archive_Tar-1.3.2.tgz (17,150 bytes)
...done: 17,150 bytes
downloading Console_Getopt-1.2.3.tgz ...
Starting to download Console_Getopt-1.2.3.tgz (4,011 bytes)
...done: 4,011 bytes
upgrade ok: channel://pear.php.net/Archive_Tar-1.3.2
upgrade ok: channel://pear.php.net/Console_Getopt-1.2.3
upgrade ok: channel://pear.php.net/PEAR-1.7.2
PEAR: Optional feature webinstaller available (PEAR's web-based installer)
PEAR: Optional feature gtkinstaller available (PEAR's PHP-GTK-based installer)
PEAR: Optional feature gtk2installer available (PEAR's PHP-GTK2-based installer)
To install use "pear install pear/PEAR#featurename"

アップグレード完了

PEARのバージョンを確認する。

# pear list
Installed packages, channel pear.php.net:
=========================================
(snip)
PEAR                 1.7.2    stable
(snip)

PEARのバージョンは1.7.2になった。

PEAR::Mail::mimeDecode.phpのインストール

# pear install -a Mail_MIME
downloading Mail_Mime-1.5.2.tgz ...
Starting to download Mail_Mime-1.5.2.tgz (22,176 bytes)
........done: 22,176 bytes
downloading Mail_mimeDecode-1.5.0.tgz ...
Starting to download Mail_mimeDecode-1.5.0.tgz (9,281 bytes)
...done: 9,281 bytes
install ok: channel://pear.php.net/Mail_Mime-1.5.2
install ok: channel://pear.php.net/Mail_mimeDecode-1.5.0

Mail_mimeDecodeのインストール完了

あとはwp-mtaマニュアル通り

下記はマニュアル抜粋です。

wp-mta 説明書

スクリプト配布ページ
  http://wppluginsj.sourceforge.jp/wp-mta/

●●概要●●

  wp-mta は、携帯電話・PHS から WordPress に投稿できるモブログ投稿用スクリプトで
す。厳密には、WordPress プラグインではありません。メールサーバーに仕込むスクリプ
トで、メールサーバーに投稿メールが到着したときに起動されるものです。

メールサーバーから push 型で起動するため、wp-mail のように投稿後ににブラウザー
を起動したり、wp-shot のように別途 cron を動かしたりする必要がありません。
・ブラウザが不要なので、メール送信できればキャリアおよび機種を問いません。
・画像を添付したメールに対応しています。画像は wp-content/uploads フォルダとは違
  うフォルダに格納します (WordPress の画像アップローダーとは別管理になります)。
・投稿時に画像を回転したり、大きい画像をサムネール化することが可能です。
・投稿時にカテゴリーを変更したり追加したりすることが可能です。
・設置するには、メールサーバーで .qmail ファイル、.forward ファイルの編集ができ
  ることが必要です。おそらくシェルアカウントが必要でしょう。

●●対応環境●●

・qmail または Postfix を利用したメールサーバー。ただし postfix では動作確認を行
  なってないので動かないかもしれません。
・.qmail/.forward でコマンド実行するとき WordPress のインストールディレクトリー
  が見えることが必要です。メールサーバーと WordPress が動いているウェブサーバー
  が同一であれば、まず OK です。サーバーが違う場合は絶望的ですが、可能な場合があ
  るかもしれません。
・WordPress 2.0 以降。WordPress ME 2.1.3 で動作確認していますが、おそらく本家版
  2.0 以降なら動くでしょう。
・PHP 4.2 以降。ただし、動作確認は PHP5.2.1 で行なっていますので、PHP 4 ではバー
  ジョンによって動かないかもしれません。PHP 4.x をご利用の場合は、自己責任にてご
  利用をお願いします。

●●設置方法●●

 1. スクリプトをダウンロードし、テキストエディタで開いて、設定項目を編集します。
    ・画像ファイル保存ディレクトリー (WPMTA_PHOTO_DIR)
    ・サムネールの長辺側サイズ (WPMTA_THUMBNAIL_MAX_SIZE)
      -- 画像の縦横どちらかがこのサイズより大きい場合は、長辺側がこのサイズにな
         るよう縮小されます。
    ・画像群の前後につける HTML 文字列 (WPMTA_IMAGES_HEADER, WPMTA_IMAGES_FOOTER)
    ・テキストの前後につける HTML 文字列 (WPMTA_TEXT_HEADER, WPMTA_TEXT_FOOTER)
    ・カテゴリー変更指示文字列 (WPMTA_SET_CATEGORY)
    ・カテゴリー追加指示文字列 (WPMTA_ADD_CATEGORY)
    ・画像回転指示文字列 (WPMTA_ROTATE_IMAGE)
    ・これ以後を署名として削除する文字列 (WPMTA_DELIM_STR)
 2. PEAR::Mail::mimeDecode.php がサーバーにインストールされているか確認します。
    もし、インストールされていなければ、PEAR の配布サイト (http://pear.php.net) 
    からダウンロードしておきます。
 3. wp-mta.php を WordPress のインストールディレクトリーに転送します
    (wp-mail.phpと同じ階層)。必要なら mimeDecode.php も同じディレクトリーに転送します。
 4. 投稿用の秘密のメールアドレスを作ります。
    1)メールアドレスとなる秘密の文字列を考えます。シェルで
         php -r’echo md5(uniqid(rand(), true)) . “\n”;
        などとするといいいでしょう。
    2)メールサーバーにシェルログインし、.qmail-SECRET (qmail の場合)、もしくは 
      .forward+SECRET (postfix の場合) というファイルを作ります (SECRET はさっき
      作った秘密の文字列)。これは qmail や postfix でサポートされている拡張メー
      ルアドレスの機能です。qmail の場合、秘密の文字列に大文字やドットが含まれて
      いると動作しないので、英小文字と数字だけにするのが無難です。 
    3)ファイルの中身は以下のようにします。
       | php /(WordPressへのパス)/wp-mta.php
 5. 自分の WordPress サイトに管理者ログインして、新規にユーザーを作り、メールア
    ドレスとして、携帯電話のメールアドレスを入力します。登録ユーザーのメールアド
    レスのみ投稿できるようチェックしているためです。
 6. テーマファイルのスタイルシートを編集して、以下のスタイルを追加します。こうす
    ると、写真の右側に文章が回り込むようになり、写真の周囲に白い余白とグレーの枠
    がついてかっこよくなります。
	/* ----- wp-mta CSS code ----- */
	.photo {
		padding-right:6px;
		float:left;
		line-height:110%;
		font-size:0.85em;
		text-indent:0;
	}
	.photo img {
		background:white;
		margin:0 4px 4px 0;
		padding:3px;
		border:1px solid #999;
	}
	.photo-end {
		clear:left;
	}
	/* ---------- */ 

以上で完了です。
●●使用方法●●

  携帯電話から、さきほど作った秘密のメールアドレス (USER-secret@DOMAIN またはUSER+secret@DOMAIN) に投稿するだけです。写真つきメールの場合は、wp-mta.php 内部

で指定した画像フォルダに画像が保存され、その画像を呼び出す img タグが埋め込まれ
ます。

投稿時のカテゴリーは、管理画面→オプション→投稿設定の「メール投稿時のデフォルトカテゴリー」に従います。

○○カテゴリー指定の方法○○
臨時的にカテゴリーを「メール投稿時のデフォルトカテゴリー」以外に変更したい場合は、メール本文のどこかに、
CAT:カテゴリーID
CAT:カテゴリー名
と書きます。「CAT:」の文字列は行頭に書くことが必要です。複数のカテゴリーをコンマ

で区切って指定することも可能です。コロンやコンマの前後にスペースが入ってもかまい
ません。

カテゴリーの指定は、ID もしくは名前のどちらでも OK ですが、カテゴリースラッグ 

(URI に使われる文字列) は無効ですので、注意してください。例えば、

    CAT:3
    CAT: 旅行の計画
は OK ですが、
    CAT: plans
は無効ということです。

○○カテゴリー追加の方法○○

  投稿時のカテゴリーを、「メール投稿時のデフォルトカテゴリー」から追加したい場合

は、メール本文のどこかに、

    CAT+カテゴリーID
    CAT+カテゴリー名
と書きます。「CAT+」の文字列は行頭に書くことが必要です。コンマで区切って複数のカ

テゴリーを追加することも可能です。

○○画像回転の方法○○

  携帯端末で撮影した写真を90度左右に回転させることが可能です。あらかじめ携帯端末

で回転させてから投稿することを推奨しますが、時間がないときや、回転させると画像の
左右が欠けてしまう端末では、この機能が便利です。

(画像が1枚だけのとき)
  メール本文のどこかに、
    ROT:L
    ROT:R
  と書きます。前者は左回転。後者は右回転です。「ROT:」の文字列は行頭に書くことが
  必要です。画像が大きいときは、回転させてからサムネールを作成します。

(画像が2枚以上のとき)
    ROT:L
    ROT:R
  とすると、すべての画像を同じ方向に回転します。

    ROT:NLR
  などとすると、1枚目は回転せず/2枚目を左回転/3枚目を右回転します。画像の枚数
  だけ、N,L,R の文字列を書きます。文字数が画像の枚数より足りない場合は、足りない
  分を "N" があるとみなします。

    ROT:2L4L
  などとすると、2枚目を左回転/4枚目を左回転します。何枚目かを示す数字と回転方向
  を示す L,R の文字列を繰り返します。空白やコンマで区切ってはいけません。

  NLR 式の指定と 2L4L 式の指定は混在できません。混在させてしまったときは回転指示

が無効になってしまいます。

●●注意事項●●

・レンタルサーバーの場合は、まず動作しないと考えてください。メールサーバーとウェブサーバーが別だったり、.qmail/.forward の編集ができなかったり、任意のメールアドレスを追加できなかったり、関門が多いためです。
・自宅サーバーの場合は、うまく設置できることが多いでしょう。がんばってください。
・設置直後は、メールのエラーによるメールループを発生させやすいので、テスト投稿の あとはメールログをよく確認してください。
・画像回転させたとき、EXIF 情報は消えてしまいます。GPS 情報を埋め込ませているときはご注意ください。

●●改版履歴●●

ver 0.3.1 (2007-04-19)
  投稿スラッグを指定するようにしました。時刻を元にした6ケタの数字です。
  WordPress のアドレス (get_settings('siteurl')) と、ウェブログのアドレス (get_
  settings('home')) が違う環境において、画像タグの URI がおかしいバグを修正しま
  した。
ver 0.3.0 (2007-01-24)
  画像の回転機能を追加。
  WordPress コアの修正なしに動作できるようにしました。
  WordPress Plugins/JSeries で配布するようにしました。
ver 0.2.1 (2007-01-17)
  サムネール作成機能がバグっていたので修正。
  (一般公開せず)
ver 0.2.0 (2006-12-17)
  WordPress 2.0.5 の wp-mail.php をもとにコードを大幅に書き替え。
  ただし WordPress コアの修正が必要になった;-)
ver 0.1.0 (2006-08-09)
  新規リリース。SOMY.JP 版 wp-mail.php を改造。

以上


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-02 (月) 00:18:09 (4279d)