Top > Vine5 > resolv.confとifcfg-eth0

ネットワーク関連の設定ファイルの仕様が変更?

resolv.confとifcfg-eth0ファイルはとても密接な関係にあるファイルだけど
以前は両ファイルとも手動で各々を編集する必要があったw
Vine5.0になってからはifcfg-ethのファイルを書き換えることによって
resolv.confが書き換わる仕様となった。
resolv.confだけを編集して、サーバを再起動させると当然だけど、書き換わってしまう。
初期のresolv.confはこんな感じ。

# Generated by NetworkManager


# No nameservers found; try putting DNS servers into your
# ifcfg files in /etc/sysconfig/network-scripts like so:
#
# DNS1=xxx.xxx.xxx.xxx
# DNS2=xxx.xxx.xxx.xxx
# DOMAIN=lab.foo.com bar.foo.com

っで、resolv.confに設定を反映させるには/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0に記述してservice network restartとして反映させる。
こうすれば再起動しても設定ファイルは書き換わらない。
なので「resolv.conf 書き換わる」などで検索すると結構ヒットします (..;
ありがたい機能なのだけど、
こ ん な こ と 言 わ れ な わ か ら ん が なwww

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

設定例としてはこんな感じ。

DEVICE=eth0
BROADCAST=192.168.1.255
NETWORK=192.168.1.0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
IPADDR=192.168.1.x ←サーバのIP
NETMASK=255.255.255.0
TYPE=Ethernet
HWADDR=00:oo:3F:oo:1F:oo ←NICのMacアドレス(記述は必須??)
GATEWAY=192.168.1.n ←ルータのIP
IPV6INIT=no
USERCTL=no
NM_CONTROLLED=yes
DOMAIN=jpaccess.net ←ドメイン名
DNS1=127.0.0.1 ←DNSは自分自身
DNS2=192.168.1.1 ←ルータにも問い合わせてもらっておこう

そして反映

service network restart

resolv.confが書き換わっていることを確かめる

vi /etc/resolv.conf
nameserver 127.0.0.1
nameserver 192.168.1.n
search jpaccess.net

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0にあるHWADDR(NICのMacアドレス)はifconfigで調べられる。

Vine5.0関連のリンクです。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-14 (月) 04:08:24 (3692d)