Top > RTX2000 > ポートの開け方

RTX2000のポートを開けてみる

下記設定は弊社環境のみかもしれないので参考程度にどうぞw

ここではwww(80番)を例にご説明。

NATを指定

nat descriptor type 1 masquerade

IPマスカレードの「1」という設定名を設定しますよっとwと宣言

nat descriptor address outer 1 ooo.ooo.ooo.ooo

上記の「1」という設定のプロバイダから割り当てられたIPはooo.ooo.ooo.oooですよw

nat descriptor masquerade static 1 1 xxx.xxx.xxx.xxx tcp www

最初の1はnat descriptor type 1 masqueradeの1
二番目の1はnat descriptor type 1 masqueradeの1で設定した中の1という設定名。
xxx.xxx.xxx.xxxに対して11という設定名でwwwのポートを開けますよ。

filterを定義

ip filter dynamic 100 * ooo.ooo.ooo.ooo www

LAN内部のooo.ooo.ooo.oooへwwwのポートを開ける。
この100は100という設定名。(前述の1とこの100はダブってはならない)

ip filter 1000 pass * ooo.ooo.ooo.ooo tcpflag=0x0002/0x0017 * www

内部から外へ(outer)の定義をやっておくw
詳しくはこっち
この1000も設定名なので前述の1と100もダブってはならない。

フィルタを適用

続きは今度 (^^;


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-25 (火) 19:57:25 (3829d)