Top > Mailman > 投稿者にも控えを送る設定

ひさびさにMailmanでハマりまくり。

全体オプションの下記の部分

新入購読者のデフォルト設定値.
(new_member_optionsの詳細)

全部チェックを外し
まとめ読みオプションでいいえとできるところを全て「いいえ」にする。

下記を参考。

控えなしオプション

Mailman では、ふつうは自分が投稿したものの控えも送られてきます。そうなっていたほうがいいという人もいます。投稿が無事に送れたかどうか分かるし、自分の意見を議論の一部としていっしょに保存しておけるからだそうです。しかし、自分が投稿したものをわざわざまたダウンロードさせられるのを嫌がる人もいます。

注: まとめ読みで受け取っているときは、このオプションは効きません。

7.5 節では、投稿に対して受領メールを送ってもらう方法を説明しているので、そちらも見ておくとよいでしょう。

これを Web インタフェースで設定するには:

1. あなたの会員オプションページにログインします。 (どうしたらよいかは 3.1 節を見てください。)
2. 「重複したメールを受け取らないようにしますか?」 というセクションを探し、自分の投稿の控えを送ってもらうなら「はい」、 送ってもらわないようにするなら「いいえ」に設定します。

これを電子メールインタフェースで設定するには:

1. LISTNAME-request@example.com に set myposts on または set myposts off. というコマンドを書いたメールを送ります。

コマンドは、メッセージの本文とサブジェクト (件名) のどちらにでも書けます。 (メールコマンドの送りかたについてくわしくは、 3.2 節を見てください。)
2. 「on」にすると自分の投稿の控えも送られるようになります。 「off」にすると控えが送られなくなります。

【参考URL】 http://agorian.com/wiki/mailman/index.html の控え無しオプションの項


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-07 (火) 01:18:41 (3970d)