Top > Debian > SSH日本語化

日本語環境の設定

Linuxのコマンドラインでは日本語はそれほど必要ではないのだが

  • プログラムやスクリプト中のコメントがうまく表示されないのは困る
  • たまにはマニュアルを日本語で読みたいこともあるだろう
  • sambaを設定した後、文字化けなどの障害が出た場合の切り分けを行う

などのため日本語環境を設定する。

作業内容

  1. 必要そうなものをインストール
    # apt-get install language-env canna canna-utils  ja-trans manpages-ja jless
    ロケール指定を要求される部分は全て「ja_JP.EUC-JP EUC-JP」を指定
  2. ロケールの再設定
    # dpkg-reconfigure -plow locales
  3. ユーザレベルの日本語環境への切り替え(root)
    # set-language-env -R
    ほとんどすべてデフォルト。漢字変換は全てcannaを指定した。
  4. 日本語の確認

    puttyよりログインしなおし、envを確認したが日本語関連が設定されていない?ので、
    .bashrcを少々変更。$termによりLANGが選択された直後にja_JP.eucJPを強制追加

    LANG=ja_JP.eucJP # <<< この行を追加
    case $LANG in
      ja_JP.UTF-8) JLESSCHARSET=utf-8 ; LV=-Ou8 ;;
      ja_JP.*) JLESSCHARSET=japanese-euc ; LV=-Oej ;;
      *) JLESSCHARSET=latin1 ; LV=-Al1 ;;
    esac
    export LANG JLESSCHARSET LV
    これはもっとスマートなやり方がありそうな感じ
  5. vimのインストール

    通常のviで日本語がうまく入力表示できなかったので、redhatなどのディストリビューションでよくデフォルトになっているvimをインストールする

    apt-get install vim

    コマンドラインからviと打つとvimが起動するようになった。日本語入力OK。


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-10 (月) 04:54:59 (4362d)