Top > Vine6 > Clamdのインストール

Vineのapt-getでは更新が遅いのでソースからインストールする

apt-getの方が楽なのでずっとaptでインストールしていたのですが、Vineのaptの更新が遅いためこんなエラーが出ていてもVineのリポジトリが更新しない限りちっとも更新されないので、仕方なくソースでインストールすることにしています。

仕方なくとは言っても、簡単なのでソースからインストールしてみます。

Clamdのインストール

  1. まずはclamavのグループとユーザを追加します。
    groupadd clamav
    useradd -g clamav -s /bin/false -c "Clam Antivirus" clamav
    ちゃんとユーザとグループが追加されているかどうか確認する。
    cat /etc/group|grep clamav
    cat /etc/passwd|grep clamav
  2. 確認できたらソースをダウンロードする。こちらへ出向きProduction quality releasesLatest stable release: ClamAV 0.97.3(0.97.3はもちろんバージョンによって違います)のリンクをクリックしSourceForgeのページへ行き、Problems with the download? Please use this direct link, or try another mirror. direct linkを右クリックし、ダウンロードURLをコピーしておく。
  3. おきまりのコマンドでダウンロードする。
    wget http://downloads.sourceforge.net/project/clamav/clamav/0.97.3/clamav-0.97.3.tar.gz?r=http%3A%2F%2Fwww.clamav.net%2Flang%2Fen%2Fdownload%2Fsources%2F&ts=1326440339&use_mirror=jaist
tar zxvf clamav-0.97.3.tar.gz

解凍

cd clamav-0.97.3/

移動

./configure

configureする。
続いてmakeだのmake checkだのしてインストール。

make
make check
make install

以上でインストールは完了。
設定ファイルについてはまた別の章で・・・・

だいぶ前のClamdではmakeの際にオプションを付けなくてはいけなかったのだけど、今はその必要はなさそう。
ただconfigureの際、PREFIXは自分の好きなところに設定できるようなので指定する場合は下記のようにする。

./configure --prefix=PREFIX

PREFIXには例えば/usr/binとか

./configure --prefix=/usr/bin

とかかな?
デフォルトでは/usr/local/binになっています。
PREFIXを弄っちゃうと後が大変なのよね。。。
年喰うとどこに設定したのかどうか忘れちゃったりするからさっw



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-13 (金) 16:57:05 (3204d)