Top > 無料でSSL化 - Let's Encrypt

python周りをインストール

python
python-devel
python-virtualenv
gcc
dialog
libffi-devel

augeas-libをインストール

augeas-libが必要なのだけどこれに関しては手動でインストールする必要があるみたい。
ここにソースがたくさん落ちているので最新を拾ってくる。
普通にmakeしてinstallでOK。

この記事を書いている2018-08-21時点ではaugeas-1.10.1.tar.gzが最新だった。

wget http://download.augeas.net/augeas-1.10.1.tar.gz
tar xvf augeas-1.4.0.tar.gz
cd augeas-1.4.0
./configure
make
make install

特にこの時点ではエラーは出なかったので次へ。

/usr/local/libにインストールされるのでライブラリへのパスを指定してやる。

移動

cd /etc/ld.so.conf.d

新規ファイルibaugeas.confを作成。

vi libaugeas.conf

ibaugeas.confのファイルの中身は以下の1行を追加。パスを通してやる。

/usr/local/lib

反映

ldconfig

パスが通ったかを確認

ldconfig -p | grep augeas
libaugeas.so.0 (libc6) => /usr/local/lib/libaugeas.so.0
libaugeas.so (libc6) => /usr/local/lib/libaugeas.so

certbotをインストールする。

certbotはLet's Encryptが提供するSSL証明書の取得更新自動化ソフトである。
これを使えば半永久的にSSL化が楽しめる。

sudo curl https://dl.eff.org/certbot-auto -o /usr/bin/certbot-auto



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-21 (火) 16:23:58 (428d)